1. トップページ>
  2. 水素水に関する学術文献>
  3. 16.1 アレルギー、多菌性敗血症>
  4. 16.1.2 水素ガスがマウスの多菌性敗血症に対して有効

水素ガスがマウスの多菌性敗血症に対して有効

学術雑誌名:
Shock 2010 Jul; 34(1):90-97
表題:
Protective effect of Hydrogen gas on murine polymicrobial sepsis via reducing oxidative stress and HMGB1 release
(マウス多菌性敗血症に対して水素ガスは酸化ストレスの軽減及びHMGB1放出を介して防御作用を示す)
著者:
Keliang Xie et al(天津医大他)

概要:
重症敗血症は抗生物質の進歩にも拘わらず死因の多くを占めている。敗血症の病原性には反応性酸素分子(ROS)が重要な役割をしている。
水素分子(H2)はOHラジカルを選択的に軽減して抗酸化作用を示す事が報告されている。本研究では盲腸結札と穿刺法(CLP)によって作成したマウス敗血症の生存率に対して水素吸引が有効であるか検討した。
CLPによる敗血症は多臓器障害を起こすが水素ガス吸引により濃度及び処理時間依存的にこれらの障害が改善 ( 肺 myeloperoxidase、気管支肺胞症、酸化ストレス産物、病理所見、血清マーカー、抗酸化酵素の上昇、高移動性BOX1(HMBG1)の減少等)し、有意に生存率が上昇した。
水素ガスは敗血症患者に応用できる事が示唆された。

水素水オンラインショップ