1. トップページ>
  2. 水素水に関する学術文献>
  3. 10.1 水素の作用メカニズムに関する研究>
  4. 10.1.7 水素水のマウス脳における抗酸化作用

水素水のマウス脳における抗酸化作用

学術雑誌名:
Food Style21, Vol.13, No.1, p36〜39(2009)
表題:
水素水の飲用は脳の活性酸素を除去
著者:
石神昭人(東邦大学薬学部)

概要:
マウスはヒトと違って、ビタミンCを体内で作ることができ、脳で活性酸素処理に活用している。
遺伝子操作により、ビタミンC合成不全マウス(SMP30/GNL遺伝子破壊マウス)を作製し、脳を酸化ストレス状態にして、水素の脳における活性酸素抑制機能を検討した。
高濃度水素溶解精製水を開発し、飲水により1カ月間摂取させ、ビタミンC水、水のみの群とリアルタイムに比較した。
この結果、水素水は水のみの群に比べて、ビタミンC欠乏による脳内の活性酸素の増加を約27%抑制することがわかった。
本研究に用いた高濃度水素溶解水は、活性酸素が一因である糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病や、 アルツハイマー病などの神経変性疾患の予防に、手軽に飲める飲用水としてその効果が期待できる。

水素水オンラインショップ