1. トップページ>
  2. 水素水に関する学術文献>
  3. 5.1 呼吸器疾患>
  4. 5.1.2 水素溶解食塩水がラットの腸虚血再潅流における肺損傷を防止

水素溶解食塩水がラットの腸虚血再潅流における肺損傷を防止

学術雑誌名:
Critical Care, (2011) in press
表題:
Hydrogen Inhalation Ameliorates Ventilator-induced Lung Injury.
(水素吸引により人工呼吸器によって生じる肺障害が軽減される)
著者:
C. S. Huang, A.. Nakao. S. Lee, Z. Wang N.. Shigemura, T. R. Billar, and Y. Toyoda (米国ピッツバーグ大学外科部門心臓・肺・食道外科研究所)

目的:
水素が活性酸素群の中で最も細胞毒性の強いヒドロキシルラジカルを選択的に減少させるという報告がある。本研究では、水素溶解生理食塩水のラットの腸虚血再潅流によって引き起こされる肺損傷に対する効果を検討した。
方法:
雄のSDラット30匹(200-220g)を無差別に3つの実験群に振り分けた。
(1)偽手術、(2)腸虚血再潅流プラス食塩水(5mg/kg)、(3)腸虚血再潅流プラス水素溶解食塩水(5mg/kg)。腸虚血再潅流は、90分の腸虚血後、4時間後の再潅流によって行った。
結果:
(2)群の生理食塩水投与に比べ、(3)水素溶解食塩水群によって処置では、肺組織の好中球浸潤、脂質膜過酸化、NF-κ-B活性化、及び炎症性サイトカインのIL-1β、TNF-αが減少した。
結論:
水素溶解食塩水は、腸虚血再潅流によって起こる肺損傷を軽減した。

水素水オンラインショップ