1. トップページ>
  2. 水素水に関する学術文献>
  3. 5.1 呼吸器疾患>
  4. 5.1.1 水素吸引により人工呼吸器による肺障害が軽減

水素吸引により人工呼吸器による肺障害が軽減

学術雑誌名:
Biochem. And Biophys. Res. Comm. (2009), doi: 10.1016/bbrc.2009.02.105, in press
表題:
Hydrogen-rich saline reduces lung injury induced by intestinal ischemia/reperfusion in rats.
著者:
Mao YF, Zheng XF, Cai JM, You XM, Deng XM, Zhang JH, Jiang L, Sun XJ.(上海交通大学医学部シンホワ病院外来集中治療ユニット科、中国)

概要:
機械的な肺換気により遠位気道や肺細胞に炎症反応や酸化ストレスを誘発し、人工呼吸 器誘発性の肺障害(VILI)が起こり、更には全身性の炎症、気道細胞死、ついには多臓器不全を招くことが知られている。マウスに3時間人工呼吸を行い、 生じたVILIに対して気管支肺胞洗浄を行い好中球浸潤、炎症サイトカインの遺伝子レベルの解析等の肺・気道機能の変化を分析した。人工換気によって増悪 した炎症性諸因子の変化は水素ガス吸引処置によって有意に改善された。水素吸引療法は臨床的に有用性が高いことを強く示唆した。

水素水オンラインショップ