1. トップページ>
  2. 水素水に関する学術文献>
  3. 4.1 腎炎、腎透析等>
  4. 4.1.6 水素水を透析液に加え腎透析患者に対する臨床効果を検討

水素水を透析液に加え腎透析患者に対する臨床効果を検討

学術雑誌名:
Nephrol. Dial. Transplant., (2010) 1of 8 doi: 10.1093/ndt/gfq 196
表題:
A novel bioactive haemodialysisi system using dissolved dihydrogen(H2) produced by water electrolysis: a clinical trial
(水電気分解によって製造した分子水素溶解水を用いた新たな生物活性透析システム:臨床試験)
著者:
Masaaki Nakayama et al.(東北大学医学部他)

目的:
慢性炎症を持つ患者の透析の予後は芳しくない。分子水素は酸化ストレス及び炎症による障害を軽減する事が報告されている。本報では高濃度の分子水素(H2)を加えた透析液の臨床効果を検討し新たな透析システムを開発する事を目的とした。
方法:
電気分解法により作成した高濃度の水素(H2)(平均 48ppb)を含む透析液を安定化している21人の患者に対して通常の透析液から切り替えて週3回、6ヶ月間実施した。
結果:
試験期間中臨床的な副作用は認められなかった。透析期間の前後で収縮期血圧(SBP)は有意に減少し、140mmHg以下になった。透析変数は最小となり、血漿中の好単核細胞蛋白1及び酵素のmyeloperoxidaseは有意に減少した。この結果から、透析液に水素を加える事により炎症反応を改良し、血圧を改善する事が明らかになり尿毒症の新たな治療法を提供する事ができた。

水素水オンラインショップ