1. トップページ>
  2. 水素水に関する学術文献>
  3. 4.1 腎炎、腎透析等>
  4. 4.1.4 電解還元水は終末腎透析患者の血液透析によって生じる赤血球障害を減少した

電解還元水は終末腎透析患者の血液透析によって生じる赤血球障害を減少した

学術雑誌名:
Kidney International advance online publication, 7 June 2006; doi:10,1038/sj.ki.5001576
表題:
Electrolyzed-reduced water reduced hemodialysis-induced erythrocyte impairment in end-stage renal disease patients
著者:
Kuo-chin Huang, C-C Yang, S-P Hsu, K-T Lee, H-W Liu, S. Morisawa, K. Otsubo, and C-T Chien(台湾国立医科大学研究所及び同病院, 日本トリム他)

目的:
終末期の腎疾患患者(ESRD)では、血液透析による酸化ストレスにより、赤血球が障害を受けることが問題となる。電解還元水(ERW)は、活性酸素種(ROS)を除去することを前報で報告したが、その結果として赤血球の減少が抑制されるか否かを検討する。
方法:
43人のESRD患者をERW群、ビタミンC群、ビタミンE塗布透析器、および無処置群に群分けしてERWの効果を比較検討した。
結果:
赤血球障害抑制効果は、ビタミンC→電解還元水→ビタミンE処置透析器の順で、電解還元水の明らかな効果が確認された。
電解還元水飲用により、ROS、取り分けH2O2、HOCL が有意に減少し、溶血作用、脂質の過酸化等の障害が軽減された。
その結果としてヘマトクリット値の改善、エリスロポエチンに対する反応性の向上、炎症性サイトカインの低下作用等、慢性腎透析患者における赤血球の障害が有意に抑制された。
電解還元水はビタミンCで認められるような、シュウ酸塩の蓄積による副作用はなく、長期使用に適している。

水素水オンラインショップ