1. トップページ>
  2. 水素水に関する学術文献>
  3. 4.1 腎炎、腎透析等>
  4. 4.1.3 水素水は移植腎症を予防

水素水は移植腎症を予防

学術雑誌名:
Kidney Internatonal, (2009), p1〜9
表題:
Oral hydrogen water prevents chronic allograft nephropathy in rats.
(飲用水素水は、ラットの腎移植後の慢性移植腎症を予防する)
著者:
中尾篤典、他(所属機関 ピッツバーグ大学外科スターツル研究所他)

概要:
活性酸素種がひきおこす組織障害は、腎移植後におこる慢性移植腎症の原因のひとつに数えられている。 水素は活性酸素種を取り除く働きをすることから、われわれは水素水の飲用が慢性移植腎症の諸症状を改善すると仮説をたて、実験を行った。
ラット腎移植モデルとして、LEWラットからBNラットへの同種異型(アロ)の同所性の移植を行った。 レシピエントの腎臓は両側とも摘出した。
水素水(水素濃度>0.8 mM)または通常水をレシピエントに手術当日から150日間、飲用水として与えた。
通常水を与えた動物では、慢性移植腎症の結果として、クレアチニンクリアランスの低下とタンパク尿がみられ、徐々に腎機能が低下した。
一方、水素水を与えた群では、慢性移植腎症の進行は緩やかで、移植腎機能は良好に保たれ、生存率も改善した。

水素水は酸化ストレスによる組織障害を軽減し、炎症反応も抑制した。さらに、水素水を与えた動物では、炎症に関与するMAPKカスケードのリン酸化が通常水にくらべ抑制されていた。

これらのデータから、水素水の経口摂取は、抗酸化作用と抗炎症作用を有し、ラット腎移植後の慢性移植腎症に効果的であった。
水素水は、臨床腎移植においての実用的な治療法となりうるであろう。

水素水オンラインショップ