1. トップページ>
  2. 水素水に関する学術文献>
  3. 3.1 肝疾患>
  4. 3.1.2 水素ガスは肝障害を抑制

水素ガスは肝障害を抑制

学術雑誌名:
Biochem. Biophysi. Res. Commn., 361(2007), 670~674
表題:
Inhalation of hydrogen gas suppresses hepatic injury caused by ischemic/reperfusion through reducing oxidative stress
(水素ガスの吸引により酸化ストレスの軽減作用を介して虚血・再潅流によって起こる肝障害を抑制する)
著者:
Kei-ichi Fukuda et al(日本医科大学)

概要:
著者らはこれまでに、分子状水素は選択的に細胞障害性の有害な活性酸素を削減する作用を有し、脳梗塞の梗塞量を減少する事を明らかにしてきた。
本研究では水素ガス吸引により、肝臓の虚血・再潅流によって発症する肝障害も同様に抑制する事を明らかにした。

肝細胞死の減少、血清中のalanine aminotransferase の減少、酸化ストレスの指標である肝臓のmarlondialdehydeの低下も認められた。

水素水オンラインショップ