1. トップページ>
  2. 水素水に関する学術文献>
  3. 2.3 その他の神経疾患>
  4. 2.3.4 分子水素は神経変性疾患などの新規医療用ガスとして有用

分子水素は神経変性疾患などの新規医療用ガスとして有用

学術雑誌名:
Oxid. Med. Cell Longev. 2012; 2012:353152. Doi: 1155/2012/353152. Equb 2012 Jun 8.
表題:
Molecular hydrogen as an  emerging  therapeutic medical gas for neurodegenerative and other diseases.
(分子水素は神経変性疾患や他の疾患の新規医療用ガスとして有用)
著者:
Ohno K. et al.(名古屋大)

概要:
この4年半の間に分子水素の多くの疾患に対する有効性が63の疾患モデルとヒト疾患で報告されている。
多くの報告が2つのパーキンソン病モデル及び3つのアルツハイマー病モデルで検討されてきた。
特に、酸化ストレスを起因とする疾患である新生児脳虚血、パーキンソン病、脳、心、肺、腎臓や腸の虚血・再環流、臓器移植などで優れた効果が認められている。
今日まで6つのヒト疾患に対する臨床効果がが報告されている(2型糖尿病、メタボリック症候群、透析、炎症・ミトコンドリア筋炎、脳幹梗塞、放射線副作用)。
しかしながら、2つの解決されるべき重要な課題が残っている。
1つは投与量依存性が認められないこと、2つ目は腸内のバクテリアが大量の水素を産生しているにも拘わらず少量の水素投与によって顕著な効果が認められることである。
今後さらに分子レベルでの作用の解明と臨床レベルにおける最適投与量を研究が期待される。

水素水オンラインショップ