1. トップページ>
  2. 水素水に関する学術文献>
  3. 2.2 パーキンソン病>
  4. 2.2.3 水素水飲水と間欠的水素ガス吸引がラットパーキンソン病を予防

水素水飲水と間欠的水素ガス吸引がラットパーキンソン病を予防

学術雑誌名:
Medical Gas Research 2012, 2:15 doi:10.1186/2045-9912-2-15
表題:
Drinking hydrogen water and intermittent hydrogen gas exposure, but not lactulose or continuous hydrogen gas exposure, prevent 6-hydorxydopamine-induced Parkinson’s disease in rats
(水素水飲水と間欠的な水素ガス吸引によって、ただし、ラクツロース摂取および連続吸引はしない、6-ハイドロキシイドロキシドーパミンで誘導したラットのパーキンソン病を予防する)
著者:
M. Ito et al(名古屋大学)

概要:
合成2糖のラクツロースは腸内細菌に働いて腸内水素ガス産生を促進する。著者らはすでに水素水飲水によりラットパーキンソン病が予防されることを報告している。今回、健常成人、パーキンソン患者、及びラットにおいてラクツロースによる水素ガス産生効果を比較検討し上昇効果を認めた。水素水飲水によって呼気中の水素濃度は上昇した。ラクツロース摂取によっても呼気中の水素ガスは一過性に上昇したが6−ハイドロキシドーパミンによるパーキンソン病の予防効果は限られていた。水素の濃度依存性はないが水素水と間欠的な水素ガス吸引によって好ましい予防効果が得られた。この結果は水素が情報伝達系の修飾効果を介して疾患予防効果を発揮していることを示唆している。

水素水オンラインショップ