1. トップページ>
  2. 水素水に関する学術文献>
  3. 2.2 パーキンソン病>
  4. 2.2.1 水素水によるパーキンソン病モデルマウスの発症予防効果

水素水によるパーキンソン病モデルマウスの発症予防効果

学術雑誌名:
PLoS one, September 2009, vol.4, issue 9, e7247
表題:
Hydrogen in Drinking Water Reduces Dopaminergic Neuronal Loss in the 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine Mouse Model of Parkinson’s Disease
(飲水中の水素は1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridineで発症したパーキンソン病のモデルマウスにおいてドーパミン神経消失を減少する)
著者:
Kyota Fujita et al(九州大学薬学大学院他)

概要:
分子水素(H2)には酸化ストレス抑制作用を介して脳神経障害を軽減する作用が知られてきた。著者らはH2- 含有水を1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridinede (MTPT) で発症させたパーキンソン病モデルマウスに与えその効果を検討した。
その結果水素水投与により、MTPT処置によって起こるドーパミン神経の減少は有意に減少した。その抑制効果は飽和水素水(濃度1.5ppm)と同程度に0.08ppmの低濃度水素水でも認められた。
MTPT処理によりニグロイド体ドーパミン回路で上昇したDNA傷害のマーカーである8-OHdG、及び脂質過酸化 マーカーである4HNEも有意に減少したがsuperoxide(o2・-)の減少は有意ではなかった。
H2-含有水の作用は低濃度でも有効であり、脳神経における抗酸化作用によるものである。 これらの結果は生活習慣による酸化ストレスによって起こるパーキンソン病のような神経変性疾患の予防或いはリスクの軽減に有効であることを示している。

水素水オンラインショップ