1. トップページ>
  2. 他の水との違い>
  3. アルカリイオン水

アルカリイオン水

pH0〜7までが酸性、pH7〜14までがアルカリ性とされていて、アルカリイオン水とは、電極間を隔てた電気分解により、陰極側に集まった水酸化物イオン(OH-)を含む水溶液を飲用としたもので、水酸化物イオンによってph9〜10のアルカリ性に変化した水のことをいいます。

水を陽極側(+)と陰極側(−)で電気分解することで、陽極側では、H2OがOと2H+に分解され、それら酸化体によって酸性水となり、陰極側では、H2OがH+とOH-(水酸化物イオン)に分解され、OH-によって、アルカリ水となります。
多くのアルカリイオン水生成器では、強いアルカリ性を出すため、水に簡単に溶け、OH-を発生させる水酸化ナトリウム(NaOH)を加えています。

そもそも、「アルカリイオン水」は日本が発祥で、海外の国ではアルカリイオン水が存在しないところも少なくありません。
なぜならば、日本人はもともと胃腸が弱い体質があるため、アルカリ性のものを摂取することで、胃腸に何らかの作用があるからです。

そのため、アルカリイオン水は、胃腸症状の改善として、「慢性下痢」・「消化不良」・「胃腸内異常発酵」・「制酸」・「胃酸過多」に有効であるとされていますが、医学的な根拠は不正確です。
また、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの疾患の治療を目的として使用している例がありますが、アルカリイオン水の効果については、水素水とは異なり、医学的に証明されておらず、現在のところその効果・効能は認められておりません。

余談ですが、「アルカリイオン水を飲むと、血液がアルカリ性なって、身体にいい」と言う方もいますが、それは全くのウソです。

アルカリイオン水は身体にいいの?

食品によって、身体が酸性になったり、アルカリ性になったりはしないこと、アルカリイオン水を飲むことで身体の組織が変化しないことは科学的に証明されています。
そもそも、アルカリイオン水が身体にいいと信じているのは日本だけで、海外ではその存在すらほとんど知られていません。

そのため、アルカリイオン水は、身体にいいも悪いもなく、ただの水なんです。

pHとは

pH(potential Hydrogen, power of Hydrogenの略)とは、水素イオン指数のことで、水溶液中にどれだけ水素イオン(H+)の活量があるかないかを表す指標です。
水素イオンが多い場合、pHは小さくなり、それは酸性を示し、逆に、水素イオンが少ないと、pHは大きくなり、それはアルカリ性を示します。

25℃の純水の場合、水の中に含まれるH+(水素イオン)とOH-(水酸化物イオン)が同じ濃度で存在しているため、この地点を中性(pH7)と呼び、水温の変化や他の物質との化学反応により、H+がOH-よりも多い状態が酸性水となり、OH-がH+よりも多い状態がアルカリ水となります。

水素水オンラインショップ