1. トップページ>
  2. 水素水って何?>
  3. 活性酸素と過酸化脂質

活性酸素とは

活性酸素とは、普通の酸素分子(O2)よりも活性化された状態の酸素分子とその関連物質のことをいい、酸化力の強いヒドロキシラジカル、アルコキシラジカル、ペルオキシラジカル、ヒドロペルオキシラジカル、一酸化窒素、二酸化窒素や酸化力の弱い一重項酸素、過酸化水素など多くの種類があります。

酸化力の強い活性酸素は、通常2つが対になって存在している電子が、対にならず1つだけ離れて存在(不対電子)し、対をなすために相手から電子を奪い(これが「酸化」)、自らは対をつくり安定になろうとする性質があります。
本来、活性酸素は、体内で細菌などの異物に反応して結合することで、破壊・殺菌する働きをもちますが、同時にその酸化力によって、細胞膜や細胞内の核、ミトコンドリアのDNA、血管などにダメージを与えてしまいます。

活性酸素

現代の病気の約9割の原因

現代の病気の約9割の原因となっているのは、何かご存知でしょうか?

医学的にその原因は「活性酸素」と「過酸化脂質」と言われており、過酸化脂質は、皮膚や体内の脂質(皮脂、中性脂肪、コレステロール)、食べた不飽和脂質酸と活性酸素が結合して作られることから、病気や老化のほとんどの根源が「活性酸素」ということになります。
過酸化脂質は、活性酸素とは異なり、菌や異物・組織に対する反応はあまり強くなく、また腎臓から排泄されずに、身体に蓄積されます。蓄積した過酸化脂質は、組織や臓器や細胞の内部へと徐々に浸透していき、細胞そのものを傷付け破壊していきます。

活性酸素は、細胞膜や細胞内の核、ミトコンドリアのDNA、血管などにダメージを与える

どうして活性酸素は発生してしまうのか

活性酸素が発生してしまう理由には、大きく分けて3種類あります。
・体内のミトコンドリアがエネルギーを作る過程で、副産物として、できてしまう。
また、その産生量は自律神経やホルモンの関係で増加する。
・体内に異物が入り込むことで、それを殺菌・死滅させるために白血球の好中球が活性酸素を発生させる。
・ある物質と物質が化学反応を起こすことで、活性酸素を発生させる誘導体が作られ、活性酸素を発生させる。

<体内での活性酸素の産生量が増加する原因>
睡眠不足、ストレス、オーバーワーク

<白血球による活性酸素の発生>
紫外線、排気ガス、飲酒、喫煙、細菌やウイルスの混入

<化学反応による活性酸素の発生>
水道水のカルキ、化粧品などに含まれる化学物質、放射線・放射性物質、電磁波、電子レンジによる加熱調理

水素水オンラインショップ